色鉛筆

思い出の鍋焼きうどん


●企画内容
むかし、山小屋で食べた鍋焼きうどんを
温かく、少しノスタルジックなテイストで描きました。

●イラスト制作の詳細
子供の頃、私は父に たくさん登山に連れて行ってもらいました。

小さな身体で山を登るのは 辛いことも多かったけれど、
山頂で綺麗な景色を見る爽快感は
何にも代えがたい喜びがありました。

そして、休憩の時にいただくご飯の美味しいことといったら!

中でも印象深いのが
鍋割山荘でいただいた 鍋焼きうどんです。

登山で疲れた身体を温めてくれる
土鍋いっぱいのおうどんを 私は忘れることができません。

私のように、
食べ物にも、
それぞれ思い入れがあったり
ストーリーがあるメニューはあると思います。

少しノスタルジックな雰囲気を出したい時や
お話の世界を表現したい時

誌面の挿絵などにお使いいただけるかと思います。